Health & Beauty 美容と健康

Sponsored Link



data-ad-client="ca-pub-2878460899623526"
data-ad-slot="6404963503"
data-ad-format="auto">


糖尿病は良く知ってお付き合いすれば怖くない!

糖尿病は良く知ってお付き合いすれば怖くない!

 

 

 

私の親友が40歳の若さで糖尿による合併症の
心筋梗塞で他界したが
彼はいわゆる短躯のメタボ腹のからだつきであったが
どちらかと言うと細身の体躯の私は
糖尿病になるなんて考えた事もなかった。

 

その私が、親友の死後10年経ずして
糖尿病にかかったのだ。

 

過度の接待による食生活の乱れ
お酒の飲みすぎと
ストレスが原因であった。

 

”痩せ型人間は糖尿にならない”と言うのは
私の妄想であったのね。

 

糖尿病はインスリンの働きが低下しておこる。

 

 

膵臓内にある「ランゲルハンス島」で製造され放出される
インスリンと言うホルモンが不足するか
或いはインスリンの作用が弱くなって起こる病気。

 

 

ランゲルハンス島は
α(アルファ)細胞
β(ベータ) 細胞
δ(デルタ) 細胞

 

の3つの細胞が組み合わさって
ひとつの島が構成されているの。

 

画像の中では最も多くの割合を占めているのがβ細胞
3種類の細胞組織の中では約75〜80%の割合を占める主要細胞で
インスリンを分泌する働きを持つ細胞。

 

 

 

 

 

正常な人は、空腹時の血液100mlに
約100mgのブドウ糖を含んでいるが
食事後は、食物中の糖質が吸収されるために
当然、血中のブドウ糖は増加するが

 

この血液内の糖の調整を行うのが
インスリンで
通常は180mg以上には増えず
尿の中にも糖は出ない。

 

警察官が交差点で交通整理をして
車の流れを調節しているのと同じ様な働きね。

 

 

この様に血中のブドウ糖が増加すると
これを感知してインスリンが血中にお出ましになり
過剰なブドウ糖を筋肉内に送り込んでエネルギーに
したりする訳ね。

 

ところが、インスリンが不足したり
インスリンに対する感受性が鈍くなると
(肥満体はこの症状)
その働きが弱まって
血中のブドウ糖は正常範囲を超えて増加し
オシッコにも糖が出てくるのね。

 

これが「糖尿病」って訳。

 

 

糖尿病は発病の状況や症状の相違から
次の二種類に分類される。

 

 

 

■ インスリン依存型糖尿病

 

ある日突然喉が異常に乾き
大量の水を飲む様になる
と言った具合に急性発症する。

 

ウイルス感染が原因で
免疫と言う機能を介して
インスリンを分泌する膵臓のランゲルハンス島
にあるβ細胞が障害を受けて
インスリンの分泌が減少するのが原因。

 

 

比較的、幼児に多く別名
若年型糖尿病とも呼ばれている。

 

病状としてはかなり重症です。

 

 

 

■非インスリン依存型糖尿病

 

もともと糖尿に成り易い遺伝的体質の持ち主で
それに加えて
過食癖、運動不足、妊娠、肥満等が契機となって
インスリン需要過多で
インスリンの機能が弱まり発症するが
自覚症状は全くないのが特徴。

 

日本の95%以上がこのタイプで
中年以降に発症するケースが多い為に
別名、成人型糖尿病とも呼ばれる。

 

近年には
小学生、中学生の低学年層にも
このタイプの糖尿病が蔓延してきているのね。

 

 

 

でもね、
冒頭で書いた様に
糖尿病は良く知ってお付き合いすれば怖くない!

 

と言う事で、この際
糖尿病を少し知って万が一の発病に備えましょうね。

 

 

追伸
糖質を制限するダイエット方法は2012年頃から話題になり、
その効果の高さから老若男女問わずに支持を得ており
年々実践者が増えています。

 

しかし
糖質制限ダイエットを継続するにあたり
共通の悩みが存在します。

 

その悩みを解決するために開発したのが
「糖質スリム?・」です。

 

完全オリジナル商品でここでしか購入することが
できません。(2017年3月現在)

 

こんな方は是非お試しを・・・
・糖質制限ダイエットを実施中の人
・糖質制限ダイエットを諦めてしまった人
・糖質制限ダイエットをこれから始めようと思っている人
・周りが糖質制限ダイエット実施している人
    ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

 

 

ponsored Link