Health & Beauty 美容と健康

Sponsored Link



data-ad-client="ca-pub-2878460899623526"
data-ad-slot="6404963503"
data-ad-format="auto">


【20】厚生労働省統計 都道府県別年齢調整死亡率 青森再び男女共にワースト1位 

 

厚生労働省統計 都道府県別年齢調整死亡率
青森再び男女共にワースト1位 

 

 

昨日14日に
厚生労働省が公表した2015年の人口10万人当たりの
都道府県別年齢調整死亡率は

 

男女共に青森県が依然として死亡率第一位
長野県が死亡率最下位と結果が出たのね。

 

大勢としは東日本での死亡率が高く
西日本で低かった地域差は縮小傾向にあるそうだけど
以前として東が高く西が低いのよ。

 

年齢調整死亡率とは
各地域の健康水準を正確に比較するため
都道府県によって差のある年齢構成をそろえて
人口10万人当たりの死者数を算出したもの。

 

1960年から5年ごとに
厚生労働省が各地の死亡率を公表しているのね。

 

 

2015年の全国平均は
男性486.0人(前回比11%減)
女性255.0人(同7%減)。

 

 

 

三大死因のがんが男女で同5〜9%減

 

心疾患が12〜14%減

 

脳血管疾患(脳卒中)が22〜24%減

 

 

都道府県別でみると

 

男性は最も多い青森県が585.6人
1975年からのワーストとなった。

 

次いで秋田県の540.3人

 

岩手県の522.5人

 

と東北地方が最悪1〜3位を占めてるのね。

 

女性も青森県が288.4人

 

福島県275.7人

 

茨城県273.8人が続いた。

 

 

一方

 

長野県は前回に続く最少

 

男性434.1人
女性227.7人だった。

 

 

1960年に489.0人あった最多と最少の差は
前回185.1人
今回151.5人と
33.5人縮小した。

 

 

厚労省は「医療技術の向上や新薬開発だけでなく
地域ごとに食習慣や文化の違いがある
塩分過多を控えるといった健康志向
病気予防の取り組みなども低減につながったのではないか」とみている。

 

 

 

 ◇三大死因の年齢調整死亡率ワースト順

 

   【全死因】   【がん】   【心疾患】  【脳血管疾患】       
   男性 女性   男性 女性  男性 女性  男性  女性 

 

1  青森 青森   青森 青森  千葉 愛媛  青森  岩手        
2  秋田 福島   秋田 北海道 岩手 和歌山 秋田  栃木        
3  岩手 茨城   鳥取 秋田  愛媛 千葉  岩手  青森        
:                                      
45 奈良 岡山   福井 徳島  愛知 長野  和歌山 沖縄        
46 滋賀 島根   滋賀 長野  佐賀 富山  奈良  滋賀        
47 長野 長野   長野 岡山  福岡 福岡  滋賀  大阪 

 

 

◇都道府県別の年齢調整死亡率(人口10万人当たり死者数)

 

 

 

      男性 (順位)    女性 (順位)     
全国  486.0 (−)  255.0 (−)     
北海道 505.4(13)  265.5 (8)     
青森  585.6 (1)  288.4 (1)     
岩手  522.5 (3)  268.1 (6)     
宮城  471.7(37)  242.9(41)     
秋田  540.3 (2)  266.4 (7)     
山形  497.2(18)  246.8(32)     
福島  518.9 (6)  275.7 (2)     
茨城  510.8(10)  273.8 (3)     
栃木  505.1(14)  272.5 (4)     
群馬  489.9(23)  261.1(13)     
埼玉  485.2(27)  261.7(12)     
千葉  477.2(32)  258.3(16)     
東京  474.9(35)  245.9(35)     
神奈川 460.6(42)  248.7(30)     

新潟  487.8(25)  243.5(40)     
富山  493.9(20)  246.6(33)     
石川  473.2(36)  249.8(28)     
福井  453.5(44)  241.2(42)     
山梨  476.0(34)  253.6(25)     
長野  434.1(47)  227.7(47)     
岐阜  476 3(33)  256.0(21)     
静岡  480.2(28)  252.1(26)     
愛知  467.9(39)  260.2(14)     
三重  488.3(24)  258.1(17)     
滋賀  437.9(46)  240.8(43)     
京都  455.1(43)  245.4(36)     
大阪  516.3 (8)  263.7(11)     
兵庫  477.8(31)  255.5(22)     
奈良  452.9(45)  243.9(38)     
和歌山 520.7 (4)  268.9 (5)     

鳥取  518.9 (5)  246.4(34)     
島根  492.6(21)  236.9(46)     
岡山  479.8(29)  238.4(45)     
広島  471.2(38)  247.3(31)     
山口  500.1(15)  264.1(10)     
徳島  510.5(11)  258.9(15)     
香川  478.8(30)  249.8(29)     
愛媛  516.8 (7)  254.2(23)     
高知  506.3(12)  244.7(37)     
福岡  486.6(26)  254.0(24)     
佐賀  491.9(22)  257.8(18)     
長崎  496.7(19)  256.4(20)     
熊本  466.6(40)  240.7(44)     
大分  464.9(41)  243.7(39)     
宮崎  498.7(16)  257.7(19)     
鹿児島 512.4 (9)  264.7 (9)     

沖縄  498.5(17)  251.7(27)  

 

 

 

全国最低の死亡率を誇る長野も
過去には死亡率ワーストの汚名に甘んじてきたのよ。

 

 

寒い冬国の為に、日常三度の食事に
熱い味噌汁を取る事が多く
加えて
塩分の多い漬物が好まれたのね。
県民は塩漬けになってて死亡率も高かったの。

 

 

しかし
県を挙げての減塩対策に取り組み
又運動の奨励などで県民の食生活と
運動療法を指導してきた努力が
今、実っているのだと言う。

 

 

 塩の取り過ぎ
   ↓  
  高血圧
   ↓  
 異常脂質症
   ↓  
  動脈硬化
   ↓  
  心筋梗塞
   ↓  
  脳梗塞 脳卒中
   ↓
  死亡

 

 

以上が三途の川への定期コースなのね。

 

 

青森県は
癌の死亡率と脳血管疾患(脳卒中)共に
全国一でしょ。

 

癌の種類は分類されていないけど
青森は男女とも喫煙者数が全国トップなのね。

 

 

なので、
推測だけれど恐らく
肺がんの死亡者が最多なんじゃない?

 

 

私の友人知人でヘビースモーカーは
きまって肺がんで
或いは肺からのがんの移転で
早死にしたのが何人もいる。

 

塩分(えんぶん)も
煙分(えんぶん)どちらも
過剰摂取は命取りよね。

 

 

 

 

 

ponsored Link