Health & Beauty 美容と健康

糖尿病に対する予防と対策とは?

糖尿病に対する予防と対策とは?

 

 

糖尿病の予防の
第一は肥満注意
第二は食事管理
第三は適度の健康

 

先ずは異常の三点を三輪車の様に
バランスよく回していけば
糖尿病は怖くはない。

 

 

必要があれば、
インスリン注射を加えて
血糖を正常に近い値に維持していれば
健康者と同じ社会生活が送れる。

 

 

しかし
この為には強い自制心が要求される為に
途中で血糖管理が乱れてしまう人が多いのも事実。

 

 

残念な事だが
ちょっと良くなると治療を止めてしまい
暫くの血に再び悪化すると言った
悪循環を繰り返し
10年位すると失明したり
血液透析を受けると言う最悪のケースも
見られるのね。

 

 

血糖管理が不十分な場合には
糖尿病のない人と比較して
幾つもの不健康な状態を招く事になる。

 

 

高脂血症を合併するので
動脈硬化に掛かり易くなり
年齢不相応に老化が早くなり
さらに
心筋梗塞や脳卒中にかかる率も数倍多くなり
死亡に至る危険性がぐっと増す。

 

 

 

糖尿病性腎症は血液透析を必要とする
腎疾患の第一を占めているね。

 

 

 

成人になった後に失明する原因の第一位は
糖尿病網膜症で非糖尿病者の10倍にもなっている。

 

 

 

 

下肢における動脈硬化の為に
血液循環が阻害された足は
やがて壊疽(えそ)になってしまう
ケースが殆どだ。

 

そして
その足を切断しなければならなくなり頻度も
20倍に膨らんでくる。

 

 

 

めくらになった上に血液透析を受け
しかも壊疽(えそ)の為に下肢を切断しなければ何らない
と言った不幸を一人で背負いたくはないでしょう。

 

 

こういった他にも、
肺炎や腎孟炎にかかり易い為に
入院治療を余儀なくされる頻度も高まる。

 

 

 

 

上述した様な
不幸な悲劇を避ける為にも
食生活管理
運動管理
そして定期的に健康診断を受ける事が
大事なのです。

 

 

 

インスリン依存型糖尿病はウイルス感染が原因となるので
この病に一旦罹ったら
現段階では対処法はないの。

 

インスリン依存型糖尿病は
特に幼児期に発生しやすいので
日頃から肥満を注意する事が
最善の予防法ね。

 

 

一方、非依存型糖尿病はもともと
遺伝的にかかり易い体質であり
それに加えて過食、肥満、運動不足が契機となって
発病するので
大人も子供も発病時点では
その大半が肥満しています。

 

 

 

1939年に勃発した第二次世界大戦中は
日本は食料が不足してその為に
糖尿病患者は激減している。

 

 

しかし、1968年以降に経済状態が好転して
高度経済成長期を迎えると共に
飽食と車社会が到来して
人々は腹いっぱい食べ、車に乗って
足を使わなくなり
その結果として糖尿病が蔓延してきているの。

 

 

その原因を見ると
男性は夜の会合や外食が多くなり
同時にアルコール摂取量が増え
反対に運動量が減った事ね。

 

 

以前のブログでも書いたけど
細身の体躯の私が糖尿病に罹った原因が
正に上述の原因通りで

 

夜の接待お付き合いで飽食
その為のアルコールの摂りすぎ
深夜に帰宅して朝も定時に出勤
ゆえに運動はゼロ
ストレスは増える一方

 

これで私は糖尿病に罹った。

 

 

 

女性の場合は
お産で太ったまま、出産後も
元に戻らなかった事ね。

 

子供の糖尿病が増えている家庭では
親も大食いしているケースが多く
その為に家族そろって肥満体なのね。

 

 

 

脂肪が多いフライドチキンやフライドポテト
砂糖を多く使ったジュースや菓子類は
当然高カロリーなので肥満助成食な訳。

 

さらに
現代の子供は幸か不幸か
塾通い、お稽古ごと、テレビゲーム
スマホゲーム等に忙しくて
戸外で体を動かす事が無くなっているでしょ。

 

 

「健全な精神は健全な肉体に宿る」と言わる様に
先ずは、体を鍛える事をしなくしては
ひ弱な精神しか生まれない。

 

 

両親が子供の弱体化を手助けする様な
最近の風潮について
親御さんも再考する必要がありそうね。

 

 

 

 

 

高知県産の乾燥生姜を使用した、
からだを芯から温める生姜湯
《温効生姜(おんこうしょうが)》

 

《商品の3つの特徴》

 

1.なまの生姜を独自の製法で乾燥し、
 成分ショウガオールが375倍に増えた乾燥生姜を使用。

 

2.砂糖は使用せず
カロリーはたった2.3kcalと、
 糖尿病の方も安心してご利用できます。

 

3.ローヤルゼリー・コラーゲンを配合し
からだの調子を整えます。